ホンダS500はホンダ初の四輪!オシャレでラジコンも人気!

私は田舎生まれの田舎育ちですので、田舎でホンダS500という車が走っている姿を見たことはありませんでした。

hondas500-1

もし、見ていたら・・・外国製の車なのだろうと、信じて疑わなかったと思います。子供の目で見ても、当時走っていたほかの車とはデザインが違いますから・・・。

Sponsored Link

ホンダS500について

ホンダ初の四輪!

厳密に言えば、ホンダ初の4輪車は軽トラックのT360です。初の普通乗用車はツーシータースポーツカーのS500です。ここからホンダの4輪車のDNAが後世に繋がっていきます。

hondas500-2

1961年に政府が自動車行政の基本方針として、2年後に控えた貿易自由化に向けて、
既存メーカーをグループ分けして、統廃合を促し、新規参入は規制しようと動き始めたそうです。その時点でホンダは4輪車を生産していません。

このままでは4輪車メーカーになれないと、本田宗一郎社長以下が動きはじめます。そんな状況の中で、4輪車の量産実績を上げるべく開発されたのがS500なのです。

Sponsored Link

ホンダS500とは?

hondas500-3

□販売期間  1963年(3か月間)
□ボディータイプ 2ドアオープンカー
□エンジン 531cc水冷直列4気筒 DOHC
□最大出力 44PS/8000rpm
□トランスミッション 4速MT(シンクロメッシュ)
□駆動方式 FR
□サスペンション 前:トーションバー独立懸架 後:コイルSP独立懸架
□全長 3300mm
□全幅 1430mm
□全高 1200mm
□車両重量 675kg
□ブレーキ 油圧式ドラム
□燃費 20Km/L

当時の国内車のエンジンは、軽は2ストロークエンジンが多く、普通車でも空冷のOHVエンジンが主流の中で、S500は水冷式のDOHC(ダブルオーバーヘッドカムシャフト)方式のエンジンを日本車で初めて搭載したクルマです。

下図のようにシリンダヘッド上部のカムを駆動するためにチェーンが必要です。

ホンダは二輪車では、世界グランプリで優勝するくらいの技術を持っていました。バイクの車輪はチェーンで駆動しています。丈夫なチェーンを製造するノウハウを持っていたわけです。

hondaengine1

実は、デフレンシャギアから後輪までの動力伝達にもチェーンが使われています。これについては、以下のビデオの中でも紹介されていますので、そちらをご覧ください。

トヨタ博物館に所蔵されている自走可能S500を使って、詳しくS500が解説されています。
このビデオを作ったのがトヨタっていう所が面白いところです。開発の経緯なども説明してくれています。

ホンダ S500(前編)-商品概要紹介

ホンダ S500(後編)-気合の入ったマイクロスポーツカー

当時の記者発表用の記録映像もありました。

Honda S500 Japanese Press Launch

外観デザインも素晴らしいですが、室内デザイン(計器盤回り)もすばらしいです。シンプルですが、スポーツ感が溢れているデザインです。

hondas500-4

同じころの、コロナとブルーバードの計器盤を見てみましょう。
まずはトヨペット・コロナ(3代目)

toyopetcorona1

次にダットサン・ブルーバードです。

datsunbluebird1

どちらも、ボディー色と同じ鉄板むき出しのインパネですね。ブルーバードの方は、
まだスポーツ感があってセンスがいいと思います。

もう一つ面白い話があります。

このS500の販売価格はどうやって決めたのかご存知でしょうか?
新聞紙面で、価格当てクイズとして広告をうち、消費者から予想を募集したのです。

hondas500-5

最も多かった回答が、48万5000円だったそうで、販売価格はさらに3万円ほど下げたところに設定したそうです。なかなか商売が上手です。

ラジコンも人気!

こんなかっこいい車のラジコンがあったらうれしいですよね。

ホンダの浜松製作所でS500の初号車の車台番号が打刻されたのが、
1963年9月19日だそうで、2013年9月19日は、50年の記念すべき日なのです。

hondas500-6

その50周年を記念して、ホンダからS500のラジコンカーの限定500台プレゼントがあったそうです。非売品です。

現在、時折ヤオフクなどで高額で取引されているようです。

hondas500radicon1

hondas500radicon2

ハンドルがコントローラになっています。私も欲しいです。

ラジコンをネットで他に探すならこちらがオススメです。

あの頃の記憶が蘇る。復刻版 京商ターボスコーピオン販売中

中古は?

探してみましたが、現在の市場に、S500は見当たりませんでした。

S500のすぐ後に発売された、S600は市場にあります。

hondas500kakaku1

S500の中古車は手に入りそうにないです。

ネットで探すなら、こちらがオススメです。

なびくる+

▼▼詳しい内容、探してみるなど

実車はあきらめて、ミニカーで我慢しましょう?

S500のプラモデルは、現在市販されているものはありませんでした。

S500に興味を持たれた方には、こんな本もお勧めです。

筆者が学生の時に、幸いにも本田宗一郎氏の講義を聞くことができました。ちょっと頑固だけど、常に夢を持って、やるからには1番を目指す人という方でした。

hondacmcopy1

あの時代に、S500を短期間で開発すのには、大変な苦労をされたと思います。随所に、ホンダオリジナルのアイデアがてんこ盛りの車です。殆どのアイデアは、本田宗一郎氏の発案だったそうです。

hondacmcopy2

「三度の飯より車が好き。」と講義のなかでも話していました。その本田宗一郎氏が統括して世に送り出したのがS500なのです。

「常に夢をもってください。」「夢は必ず実現できると信じて頑張る。」

とも言っていました。

そういえば、「ホンダは今度ヒコーキを作ろうとしています。」と32年前に言っていました。その夢は、今年ホンダジェットして実現しましたよね。

昭和の時代。

S500から続いてきているHONDAのDNAは、次にどんな夢を実現してくれるのでしょうか?



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする