日産スカイライン(ハコスカ)GTRが見たい!由来や中古相場は?

日産が開発した、3代目のスカイラインのことを、通称「ハコスカ」といいます。

ボディの形状が箱のように角ばっているので、そういう呼称になりました。1968年から1972年まで製造されていました。

Sponsored Link

スカイラインGTRについて

日産スカイライン(ハコスカ)GTRとは?

デビュー当時は、1500ccのファミリーカー要素の強いモデルでしたが、
発売開始から2か月遅れで、2000ccの直列6気筒エンジンを搭載されます。

1969年になってさらに改良されたレース用エンジンが搭載されGT-Rが誕生しました。

hakosukagtr2

外見は箱型でそのままなのに、強力なエンジンを搭載したため「羊の皮を被った狼」だと言われたクルマなのです。

hakosukagtr3

マツダがロータリーエンジンで参戦するまでの間は、無敵のGT-Rだったそうです。

hakosukarace

貴重なレース映像もあります。タイトルにもありますが、場所は富士スピードウェイです。

一見、ただの山の中を走っているように見えますが・・・昭和の時代は、これで立派なレース場だったんですね。

1972年 FUJI 250km RACE Part1

□エンジン
S20型エンジン
1980cc 直列6気筒 SOHC 160PS

□トランスミッション
5速MT

□駆動方式
FR

□サスペンション
前:マクファーソンストラット
後:セミトレ+コイルスプリング

□サイズ
全長 4395mm
全幅 1610mm
全高 1385mm
ホイルベース 2640mm

□販売台数

1945台

□販売価格(当時)
150万円

一般走行の動画も公開されています。

KPGC110 ハコスカGT-Rが走る!

ちょっと、制限速度オーバー気味に見えますけど大丈夫でしょうか?

Sponsored Link

スカイラインの名前の由来は?

スカイラインの名前の由来の前に、スカイラインにお父さんがいるそうです。

スカイラインの父」とは桜井眞一郎氏です。

sakuraisinichiro

清水建設に在職中に、生コンのミキサー車を開発したこともあるエンジニアです。

日産に転職後、スカイラインの開発に携わります。2代目スカイラインからは開発総括責任者として活躍しました。

スカイラインの開発中には、内装のデザインを検討する際、3日間トイレ以外は、
室内のモックアップに中で生活して居心地の良い室内デザインを研究していたそうです。そういう逸話が日産社内に伝説として語り継がれているようです。

さて、スカイラインの名前の由来に話を戻しましょう。

スカイラインとは、「山並みと青空を区切る稜線」を意味しています。先の桜井眞一郎氏が、初代のスカイラインの開発に携わっていた最中のことです。

hyutte

休暇で、山スキーに行き長野県の志賀高原から群馬県の草津温泉に向かった際、
途中「芳ケ平ヒュッテ」という山小屋(上の写真)で休憩したそうです。

その山小屋から振り返った、山の稜線の美しさに見せられて、
このときに「スカイライン」という名前が浮かんだそうです。その風景がこちらです。

skyline

当時は冬だったので、手前の山や平地部分も真っ白だったと思われます。白銀の稜線が重なるように見えて綺麗だったでしょうね。

いまは、その山小屋には「スカイライン命名の地」のプレートが設置されているそうです。

skyline2

本人の証言映像もあります。

スカイライン命名の由来 櫻井眞一郎

中古車価格の相場は?

根強い人気のため、中古車は比較的多く存在します。

しかし、程度にはかなりの幅があって、綺麗にレストアされた車両だと2000万円以上するものもあります。

hakosukakakaku1

hakosukagtr4

ボディは完全にオーバーホールされて、塗装も完全にやり直しを行っているようです。

hakosukagtr5

hakosukagtr6

新車状態のようなエンジンルームです。2000万以上するのも納得の品質です。その他の物件も、ほとんどレストアされたもので、安くても1000万円弱~となっています。

GT-Rではなく、GTでよければ300万くらいで中古車はあるようですね。

hakosukakakaku2

hakosukagt1

ネットで探すなら、こちらがオススメです。

なびくる+

▼▼詳しい内容、探してみるなど

レプリカー!

フロントだけなのですけど・・・・日産ステージアで作られた、GT-Rのレプリカです。

hakosukareplica

これはこれでかっこいいですね。この車が真後ろについてくるとバックミラーでは、
スカイラインGT-Rにしか見えませんよね。

レプリカがが手に入らない場合は・・・

ちょっと小さいですが。トミカはいかがでしょうか?

トミカでは小さすぎて満足できない場合は、1/24スケール タミヤのプラモデルもあります。

やっぱり車は、走らななきゃ嫌だ!っていう方には、

これなら完成品ですし。 買ってすぐに走らせることができます。

じっくりハコスカを作りたい・・・っていう方には、

伝説の「ハコスカ」、KPGC10型GT-Rの精巧な1/8スケールモデルを組み立てられるパートワークマガジン「週刊NISSAN スカイライン2000GT-R KPGC10」が5月27日創刊する。創刊号は277円(税別)。

創刊号は299円ですが、そのあと100号まで1666円です。但し、この商品完成させるためには、トータル16万5233円となります。

2Dでも我慢できる方なら・・

なんと!GT-Rが切手になります。ゆかりのある神奈川県内の374の郵便局だけの販売です。9/18発売!しかも、わずか3000セットの限定販売!(速攻で売り切れでした(泣))

「名車コレクションフレーム切手セット日産スカイライン2000GT-R編」

kittesheet

この切手シートは、即プレミア化するのは間違いなしですね。

ネットで探すなら、こちらがオススメです。

ホビーサーチ

▼▼詳しい内容、探してみるなど


スカイラインGT-Rの実車をみてみたい!

以下の博物館にスカイラインGT-Rの実車が展示されているようです。

プリンス&スカイラインミュウジアム(長野県岡谷市)
伊香保おもちゃと人形自動車博物館(群馬県)
河口湖自動車博物館(山梨県)
四国自動車博物館
など

メンテナンスの為に、展示を休止している場合もありますので事前に展示の有無を確認されることをお薦めします。

昭和の名車、スカイラインGT-R 通称「ハコスカ」について書いてきました。

筆者が小学生の頃、通学路途中にこの「ハコスカ」に乗っている、
おにいさんが住んでいました。いつもピカピカで、エンジン音がおなかにまで響いてきて、
なんかわくわくした記憶があります。

僕もこんなクルマに乗りたい!って夢を与えてくれましたね。

誕生してから、もうすぐ半世紀。

いまだ現役で走っている「ハコスカ」もたくさんあるのがうれしいですね。これからも大切に残して行ってほしいです。

スポンサーリンク


最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント