ホンダ・ビートのカスタムやレストア!専門店も!中古についても!

Sponsored Link

ホンダっていうメーカーは、次々と夢を形にしてくれるメーカーです。4輪車の世界で、最初にデビューさせたのが、S500というスポーツカーでした。

バブル景気の真最中の昭和の時代の最後に、その頃は高価なスポーツカーが発売される中、誰にでも気軽にスポーツ走行を楽しめるクルマを目指して、企画・開発され1991年にデビューしたのが、ホンダのビートです。

Sponsored Link

ホンダビートについて

ホンダビートとは?

□販売期間  1991年-1996年

□ボディータイプ 2ドアオープン

□エンジン 656cc 直列3気筒 SOHC

□トランスミッション 5速MT

□駆動方式 MR

□全長 3295mm

□全幅 1395mm

□全高 1175mm

□車両重量 760kg

前年に発売された、ホンダのフラッグシップスポーツカーNSXと同じMR駆動方式です。

ミッドシップでフルオープンモノコックボディーは、量産車としては世界初のモデルです。

サスペンションは、四輪独立懸架のストラット方式で、軽自動車初の4輪ディスクブレーキを採用しています。

発売された頃は、クルマの大出力パワー化や、スポーツカー化に運輸省が難色を示していた頃で、型式認証出願時には、スポーツカーとは名乗らず「ミッドシップ・アミューズメント」と言っていたそうです。

とは言え、自主規制いっぱいの64PSを叩きだす心臓を搭載していました。

ホンダ創業者の本田宗一郎氏は1991年に死去しましたが、このビートの発表会が最後の出席になったそうです。

販売価格は139万円と、当時の軽自動車としては1.5倍位高かったのですが、
1996年までにビートは、33,892台販売されています。

トランスミッションは、マニュアルのみ設定されています。

SRSエアバックシステムや、サイドインパクトビームなど安全に関する装備も充実していました。

走行速度に合わせて音量が自動的に変化するオーディオシステムも搭載しています。
メーター周りは、2輪車を連想させるデザインでした。

懐かしいCM動画が公開されています。

ホンダ ビート CM (HONDA BEAT)

ネットでクルマ探すなら、こちらもオススメです。
▼▼非公開車両なども

なびくる+

関連記事:ホンダN360の写真が見たい!レーシングや復刻版は?中古も人気!

スバル360の愛称はデメキン!エンジンカスタムでも人気!専門店も!

スズキ・アルトの初代やターボが気になる!ワークスや実燃費も!

ダイハツミゼットMP5は映画でも活躍!カスタムや中古も気になる!

ホンダS500はホンダ初の四輪!オシャレでラジコンも人気!

Sponsored Link

カスタムやレストア!

ビートは、自動車としては比較的簡単な構造なので、改造にはもってこいのクルマだったようです。様々なカスタム化が行われています。

ワイドボデー化したビートです。フェンダーをつけてワイド化しています。

左右のドアをガルウング化して外周りのパーツをすべて変えてしまうと・・・こんなビートになります。


新型NSXを連想させるデザインです。

こんなカスタムも・・。これはボディーだけがビートだそうです。足まわりはスズキ・ジムニーだそうです。

ここまでくると、ミッドシップでもなんでもないので、ビートでなくても、ミラでもアルトでも、なんでもよかったのではないでしょうか?

これはバイク?これもビートの心臓部分(エンジンとトランスミッション)だけを抜き出して、3輪バイクにカスタム?したものです。カスタムって言うより、転用しただけという感じです。

以上のような、様々なカスタム車が作られています。

関連記事:ホンダシビックの歴史をチェック!CVCCエンジンについても!

ホンダ・シティのCMはマッドネス!ターボやカブリオレ!新型も?

トヨタ・ハチロクといえばドリフト!祭りやカスタムは?専門店は?

トヨタスープラを900馬力に改造?CMやカスタム!新型や中古は?

ランサーの歴史!エボリューションの人気の理由は?中古も!

専門店もあるの?

上記にご紹介したように、様々なカスタムカーが作られている背景には、専門店がたくさんあるからなのです。

ビートだけの専門店もあれば、同じ軽自動車のスポーツカー、スズキ・カプーチーノなども含めて軽自動車のスポーツカー専門店なども存在します。

「ビート カスタム 専門店」+検索でたくさんヒットします。

関連記事:日産スカイライン(ハコスカ)GTRが見たい!由来や中古相場は?

トヨタスポーツ800(ヨタハチ)の新型って?レプリカや専門店!中古は?

ニッサンフェアレディZの父は?ニスモや悪魔のZとは?中古も!

日産スカイラインの歴代名車!ジャパンやケンメリの由来や中古は?

トヨペットクラウンが純国産第一号!復刻版や中古は!変遷の歴史も!

トヨタ2000GTが見たい!中古車価格は?レプリカでハイブリッド?

新型はあるの?

ビートの生産終了は1996年でした。

本田技研研究所創立50周年を記念した、新商品企画提案コンペが開催され、応募総数800件の中から選ばれたのが、ビートの現在版S660の企画案でした。

ホンダ S660

□ボディータイプ 2ドアオープン

□エンジン 660cc 直列3気筒 DOHC

□トランスミッション 6速MT/CVT

□駆動方式 MR

□全長 3395mm(+100mm)

□全幅 1475mm (+80mm)

□全高 1180mm (+5mm)

□車両重量 850kg (+90kg)

ビートから19年の歳月を経て登場するモデルと言っても、軽自動車の枠の中で企画しなければなりません。エンジンは、ビートと排気量は同じですがターボを用いて出力をアップして燃費の向上をさせています。

安全対策では、ABSや横滑り制御、LED式ヘッドランプ、それに近年では標準装備が進む自動ブレーキ装置まで装備されました。

ただし、このモデルの宿命で、手荷物の搭載スペースは全く存在しません。
運べるのは、人だけです。

このジャンルは、ダイハツがコペンで競合させています。発売以降人気は高く、仕様によっては注文から納車まで1年待ちの状態が続いています。

価格は1,980,000円~です。

さすがに現在の納車待ち状態でもあり、CMは放送されていないようです。
代わりに、企業CMにS660が登場していますのでこちらの動画をどうぞ。

企業CM「スポーツが好きだ。」篇 60sec

ホンダ所属のプロドライバーにインプレッション動画です。

【IMPRESSION 第2弾】S660 プロドライバー 試乗インプレッション

関連記事:日産シルビアが復活!?歴代車種や当時のCM!中古も!

日産セドリックの歴史!330や430が人気!中古についても!

トヨタ・ソアラはヤン車?族車?白いソアラの都市伝説!中古は?

日産シーマの歴史が気になる!シーマ現象や中古についても! 

トヨタセルシオのその後!前期と後期の違いは?カスタムや中古は?

カローラレビンやトレノ86(ハチロク)の人気復活!意味や中古は?

中古車情報は?

ホンダS660が発売されるまでは、高値安定していた中古車価格ですが、現在は中古車価格には幅が出てきています。程度の良いものは新車購入価格以上のものから、他の軽自動車並みのものまで様々です。

すでにS660の中古車も多数流通しています。 新車購入よりプレミアがついて中古車が高いというNSXと同じような現象も出始めています。

ネットでクルマ探すなら、こちらもオススメです。
▼▼非公開車両なども

なびくる+

実車には手が出せない方にお勧めは、ミニカーです

ホンダ創業者のおやじさんが、最後に世の中に送り出したクルマが「ホンダ・ビート」です。

決して実用的なクルマではありません。2名乗車で手荷物も積めないようなクルマなのです。

でも、多くの人が、あこがれるクルマなのですね。
そんな夢を形にしていくホンダの企画力に、今後も期待したいと思います。

関連記事:ダットサンブルーバードの歴史!510が人気!懐かしい広告も!

マツダ・コスモスポーツがウルトラマンに!レプリカや中古は?

トヨタセリカの初代!だるまやリフトバックも!WRCや中古は?

日産サニーの歴代名車!トラックやクーペも!事件とは?中古は?

いすゞ117クーペをハンドメイドのレストアで角目?中古は?

トヨタハイエースの歴史!カスタムでも人気!中古についても!

トヨタランドクルーザー70が復活!?海外でも人気!中古は?



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする