日産シルビアが復活!?歴代車種や当時のCM!中古も!

Sponsored Link

昭和の時代は、クルマ・カラーテレビ・クーラーの3Cが庶民のあこがれになっていた頃です。
ファッションの世界では、パンタロンが流行し、何にでも、鮮やかさ・華やかさが求められ始めた1965年。

クルマの世界でも、それまでのセダンだけではなく、もっと見た目にも奇麗なデザインが求められるようになってきました。そんな時代に、日産は「シルビア」を登場させます。

Sponsored Link

ニッサンシルビアについて

日産シルビアとは?

初代シルビア CPS311型

□販売期間  1965年-1968年

□ボディータイプ 3ドアクーペ

□エンジン 1600cc 直列4気筒 OHV

□トランスミッション 4速MT

□駆動方式 FR

□全長 3985mm

□全幅 1510mm

□全高 1275mm

□車両重量 980kg

ダットサンフェアレディのシャーシに、1600ccのエンジンを搭載し、クリスプカットと名付けられたエクステリアデザインのアッパーボデーを載せた、初代シルビアが登場しました。

非常にきれいなエクセテリアデザインだと思います。

しかし、スカイラインやフェアレディの人気に立ち位置が不安定で、初代は僅か554台しか生産されていません。

ネットでクルマ探すなら、こちらもオススメです。
▼▼非公開車両なども

なびくる+

関連記事:ダットサンブルーバードの歴史!510が人気!懐かしい広告も!

マツダ・コスモスポーツがウルトラマンに!レプリカや中古は?

トヨタセリカの初代!だるまやリフトバックも!WRCや中古は?

日産サニーの歴代名車!トラックやクーペも!事件とは?中古は?

いすゞ117クーペをハンドメイドのレストアで角目?中古は?

Sponsored Link

歴代車種や当時のCM

引き続き、2代目以降のシルビアを見ていきましょう。

2代目 シルビア S10型 1975-1979年

初代が生産終了したあとは、しばらく絶版になってしまいます。この2代目で、復活したのは1965年。7年の空白時期があります。

シャーシベースは、サニーと共通していて、初代シルビアとは名前以外の血縁関係はないクルマとなって登場したのです。

このシルビアは、北欧向けを狙ったエクステリアデザインでした。これが日本のユーザーには全く受け入れられず、競合車であるトヨタのセリカに全く歯が立ちませんでした。

3代目 シルビア S110型 1979-1983年

2代目まで、競合車と競争することもできず、惨敗を喫してきたシルビア。
1979年に3代目を発表します。プラットフォームは、サニーやバイオレットと共通として、エクステリアデザインは当時流行し始めた直線基調のエクステリアデザインになりました。

当時のCM動画をご覧ください

1981 NISSAN SILVIA Ad (HD)

シルビアはこの3代目で開花します。

投資されるエンジンも1800cc、2000ccとなり、最終的にはR30スカイライン用に開発されたエンジンまで搭載されました。

モデル末期の1983年にはWRC出場のための2400ccエンジンを搭載した限定モデルまで発売しています。

このシルビアを見て、「何かに似ている!」って思った方も多いのではないでしょうか?

このシルビアの後に発売された、トヨタの初代ソアラがシルビアのデザインをぱくったのではないかと騒がれたこともありました。

4代目 シルビア S12型 1983-1988年

4代目のシルビアが1983年に登場しました。

これまた「ん?何かに似ている・・。」と感じたでしょうか?

当時のトヨタの3代目セリカと、スプリンタートレノAE86を足して割ったようなデザインでした。それが原因かどうかは不明ですが、成功した3代目に比べると、販売では苦戦しています。

1986年 日産シルビアS12

5代目 シルビア S13型 1988-1993年

5代目登場です。昭和の時代最後のモデルです。

キャッチコピーは「アートフォース・シルビア(ART FORCE SILVIA)」アートという言葉を使っているように、非常に美しいエクステリアデザインです。このデザインで、グッドデザイン大賞を受賞しています。

当時のクルマは、FF化に移行する中、日産にはまだFF化に対応できるエンジンがありませんでした。そこで、5代目シルビアには仕方なくFR方式を選択したのですが、逆にこれが人気を呼ぶ原因となります。

FF化するとボンネットの高さが高くなってしまうため、このシルビアのように低いロングノーズのデザインは不可能だったのです。

1988年の日本カーオブザイヤーにも輝きました。

1989年には、姉妹車として180SXが派生車と登場しています。シルビアが1993年で生産終了されますが、180SXは1998年まで生産が続行されました。

人気の漫画でアニメにもなった、「頭文字D」にもシルビアS13が登場してましたね。

頭文字Dのコミックを読んでみようかな?という方のために、無料で視聴できる方法をわかりやすく解説していきます。

ズバリ!おすすめは31日間の無料お試し登録ができるFODプレミアムです。

▼頭文字Dのコミックを今すぐ視聴したい方はこちら▼

頭文字Dのコミックを今すぐ読む

※31日間は無料なので解約しても料金は掛かりません

頭文字Dを読む方法は大きく2通りあります。

  • 違法サイトから見る
  • 公式なサイトから高画質の電子書籍を見る

筆者も昔は前者で見ておりましたが、最近はウイルスなどの危険を感じて後者で見るようにしています。方法はご自身で選択してくださいね。

日産 S13系シルビア/180SXのCM集

平成の時代に入って、シルビアは7代目 S15型まで生産されました。

2002年8月をもって、シルビアという車名は絶版となっています。絶版になった理由は、社長がカルロスゴーン氏に代わったからです。

ネットでクルマ探すなら、こちらもオススメです。
▼▼非公開車両なども

なびくる+

関連記事:カローラレビンやトレノ86(ハチロク)の人気復活!意味や中古は?

日産セドリックの歴史!330や430が人気!中古についても!

トヨタ・ソアラはヤン車?族車?白いソアラの都市伝説!中古は?

日産シーマの歴史が気になる!シーマ現象や中古についても! 

トヨタセルシオのその後!前期と後期の違いは?カスタムや中古は?

復活の噂?

2012年頃のコンセプトカーを見た日産ファンが、これがシルビアではないかと騒いだようですね。

日産の場合、コンセプト停まりのモデルが多いですので・・・

今年の東京モーターショウを期待しましょう。
トヨタやスバルの、86やBRZのFRスポーツ車が好調ですから、日産も競合モデルを出したいのは確かだと思います。

関連記事:トヨタMR2が日本初のミッドシップ!初代やスパイダー!評価は?

マツダ・ファミリアの歴史!クーペやロータリーの旧車!323や中古も!

ホンダNSXのリフレッシュプランって?新型の価格は?中古は?

マツダロードスターの評価や口コミは?新型はハードトップ?中古は?

スバルインプレッサの評価や口コミは?WRCでも活躍!中古は?

中古車情報は?

人気のあったシルビアは、今でもかなりの数が流通しています。お値段も安めです。

5代目は人気でモデルの性格上、走り屋さんが乗るクルマですので、安いものは事故歴などを確認してください。

2010年時点で、日本国内で生産された車種の中で、任意自動車保険の保険料率が高い車種だそうです。それだけ、事故が多い車種なのです。(クルマが悪いのではなく、乗る人が悪いのですが・・・)任意保険も保険料が高くなりますので、中古で買う場合にも注意が必要です。

ネットでクルマ探すなら、こちらもオススメです。
▼▼非公開車両なども

なびくる+

その保険料には耐えられない方には、保険の要らないシルビアをお薦めします。

人気の3代目や4代目のミニカーがどこも品切れ中です。

プラモデルならあります。

眺めるだけじゃ満足いかない方には、
ドリフト走行できるラジコンはいかがでしょうか?

3代目のシルビアが出てきたときは、少々感動しました。

そのころの競合車セリカは、3代目の失敗作を出してきた頃です。(2代目のセリカも失敗作でしたが・・・)

直線基調で、端正な顔立ち、豪華なインテリア。日産がデートカーを狙ったと言っていますが
これでデートドライブなら、文句を言う彼女もいないだろうって思ったものです。

シルビア復活の要望は大きいようですが、名前の復活は望み薄かもしれませんね。
もしクルマが復活したとしても、ネーミングはもっと、フランスっぽい名前になってしまうのではないでしょうか?心配です。

関連記事:ホンダシビックの歴史をチェック!CVCCエンジンについても!

ホンダ・シティのCMはマッドネス!ターボやカブリオレ!新型も?

トヨタ・ハチロクといえばドリフト!祭りやカスタムは?専門店は?

トヨタスープラを900馬力に改造?CMやカスタム!新型や中古は?

ランサーの歴史!エボリューションの人気の理由は?中古も!



最後までお読みいただきありがとうございます。

今回の情報が、少しでもお役に立てれば幸いです。
いいね!やツイートして情報をシェアいただければ嬉しいです♪
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする